『テンカラビギナーの釣行記』 神之谷川 川上村

テンカラ
Angler
シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテンカラ。最近になって、ようやく趣味はテンカラですと胸を張って言えるようになりました。まだまだ発展途上ではありますが、未熟なりにテンカラの魅力や楽しさを伝えていければなと考えています。

 

  • 川上村支流 神之谷川
  • 6月初旬 晴れ
  • 水温15℃・気温21℃
  • 平水よりやや少なめ

神之谷(こうのたに)川 中流域 橋の上流

 

橋を過ぎた辺りで車を止め入渓します。渓相は源流域といった面持ち。木々が頭上を被い、日が遮られてやや暗い谷です。木々の枝は思ったより高い位置にあるので、3.6mでもがんばればいけそうな感じです。ですが、ストレスなく振りたいので、3.1mのロッドで釣り始めます。

 

入渓後、すぐに魚からの反応がありました。

ここに数匹のアマゴがいたようです。全く同じポイントで、もう1匹立て続けにゲットしました。どちらも小ぶりですが、連続ヒットで幸先の良いスタートです。

先ほどのヒットからすぐ、落ち込みのアタリで今日一となるアマゴ(20㎝位)をゲットしました。やや色黒なアマゴちゃんです。

連続ヒットしたポイントから数メートルしか離れていません。細い流れですが、どうやら魚影は濃いようです。

 

 

アマゴルアー¡? ではありません。超かわいい本物のアマゴが釣れました。手ごたえがなさすぎて落ち葉を引っかけたのかと思いました(笑)

 

その後もコンスタントに釣れます。

初めてなので断定できませんが、水は平水より少なめなのであろうと思います。流れは細いですが、ちゃんといるべき場所に魚はいます。

 

 

神之谷川中流 橋の下流付近

道が細く駐車スペースも少ないので、昼からは車は動かさずにやや下流までくだってからの入渓です。

入渓点の渓相。

 

早速アタリがありました。

見えていた魚です。一度食い損ねたのですが、まだこちらの存在には気づいていない様子だったので再度トライ。流しなおすと、狙い通りに食ってきました。

 

アブラハヤも混じりますが、ポツポツとアマゴが掛かります。

 

 

今日2番目の魚。やはり、大きめの個体は水深のある場所にいてるようです。ピンポイントですが、ここだけ水流があってそこそこの水深(30~40㎝位)があります。

浅いところにも魚はいますが、サイズUPを目指すなら、やはり水深のあるポイントを意識する必要がありそうです。

 

 

 

最後に

今日の釣果はアマゴ14本です。イワナもいてるはずですが、水が少ないせいか今日はお目にかかれませんでした。

またもや二桁釣果となりました。川上村の魚影が濃いのか、自分の釣りレベルがあがったのか、いずれにせ最近よく釣れるので楽しくて仕方ありません。

川上村のポテンシャルは非常に高いと思います。釣り人がほとんどいないということも大きなアドバンテージとなります。既に4~5回ほど川上村で釣りをしていますが、未だに川で釣り人と出くわしたことがありません。もしかしたら、ここはパラダイスなのかもしれません。

コメントはまだありません

コメントを残す

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 井光川&高原川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・奥玉川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・三之公川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …