『テンカラビギナーの釣行記』 川上村 上多古川&上谷(コウダニ)川 

テンカラ
Angler
シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテンカラ。最近になって、ようやく趣味はテンカラですと胸を張って言えるようになりました。まだまだ発展途上ではありますが、未熟なりにテンカラの魅力や楽しさを伝えていければなと考えています。

 

川上村漁協の全エリアコンプリートを目指して釣行を重ねています。今回は上多古川とその上流部にある上谷(コウダニ)川へ入渓します。

川上村エリアで釣りを始めて思うことは、他の釣り人と出会わないということです。エリアが広いからということもありますが、基本的に人的プレッシャーの少ないフィールドだと言えます。

どの川筋も自然豊かで水も綺麗です。とても美しい渓相です。魚影も濃く、天然のアマゴやイワナも釣れます。メジャーフィールドである天川と比べても遜色ないフィールドだと思います。

 

 

上多古川下流域

入渓点の渓相。風が通り易いので多少キャストに難ありですが、平坦で歩き易い渓相です。3.6mのロッドで十分です。

 

 

風の強いエリアを避けながらの釣しとなります。しばらく釣りあがった所で本日のファーストフィッシュをゲットしました。見えるのはカワムツばかりで心配していたのですが、ちゃんとアマゴちゃんも生息していました。

 

 

堰の白波の消えた辺り、1ヶ所だけ深くえぐれている場所でアタリがありました。22cmのグッドサイズのアマゴちゃんです。

堰の両サイドに道はなく、一旦ここで行き止まりとなりました。下流域の様子はなんとなくわかったので、今度は上流へ大移動します。

 

 

上谷川中流域

上多古川は上流で二つにわかれ、その一つは上谷川となります。

木々が鬱蒼と茂っていて、源流域といった雰囲気です。3.1mの短いロッドでストレスなく振れる感じです。

 

入渓後、ほどなくしてアタリがありました。

小さいですが、綺麗なイワナ君。やはり上流に来るとイワナが生息しているようです。これらのイワナも放流されているのだろうか? 漁協のHPを見る限りでは、放流はアマゴだけとなっています。となると、これらのイワナは完全な天然物なのかもしれません。

 

落ち込みが連続する渓相。下から覗き込むようにキャストすると、絵にかいたようなポイントでグッドサイズのイワナ(22㎝)が釣れました。

長らくここに陣取っていたイワナだと思われます。暗い濃い色の背中に、側面はピンクがかった色合いの綺麗なイワナ君。コンディションも良さそうです。

 

その後、順調に釣れ続けます。ここは完全にイワナの生息エリアで、以降釣れる魚は全てイワナ君でした。

岩の隙間にビシッとキャストが決まると、待ってましたとばかりにイワナが食ってきました。

 

 

 

苔むした岩がごろごろとある渓相ですが、高巻きしなくてもよい程度に遡上できます。車では進入出来ませんが、川に沿って道路もあります。

このポイントを最後に退渓しましたが、思いのほか楽に道路まで上がることが出来ました。道路があると帰りが楽で助かります。

 

 

最後に

本日の釣果は10匹(アマゴ2・イワナ8)でした。バラシた魚も数本ありましたが、かなり満足のいく釣果です。上谷川の魚影はかなり濃いと思います。プレッシャーも少ないので、リピートしたいフィールドですね。

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・中奥川のアマゴは黒が好き??

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 天川 山上川上流

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村 井光川(いかりがわ)下流域に入渓

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …