『テンカラビギナーの釣行記』 天川 山上川上流

テンカラ
Angler
シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテンカラ。最近になって、ようやく趣味はテンカラですと胸を張って言えるようになりました。まだまだ発展途上ではありますが、未熟なりにテンカラの魅力や楽しさを伝えていければなと考えています。

 

4月中旬。雨が少なかったせいか本流の水位が著しく低下している。上流にどれだけ水があるのか心配ですが、とりあえずは支流の上を目指します。

まずは、久しぶりに白倉谷に向かいます。しかし、バリケードが置かれており進入禁止のようです。ここ最近、いつもこのような感じで白倉谷に入渓できません。新たに釣り禁止エリアになってしまったのだろうか?? 今度、漁協に行って確かめばならない。

仕方がないので、神童子谷へ行こうとしたのですが「崩土の為通行止め」の看板が。山道で右往左往したくはないので、安全策として山上川上流へ向かうことにしました。後ほど調べたところ、崩土があったのは神童子谷の入り口を過ぎた辺りだったようです。

 

山上川上流

解禁日は雪で覆われていた山上川上流ですが、いつもの様子に戻っていました。水量はやや少なめですが、釣りが出来ないほどではなさそうです。

しかし、今日はなんだか魚の反応が鈍い。時折アタリはあるのですが食いが浅いのかうまくのりません。雨も本降りになってきて、想像以上の寒さに心が折れそうになります。

 

20㎝前後のイワナをようやく針にのせることができました。とはいえ、ランディング直後にぽろっと外れるような掛かり具合でした。

 

その後、いいサイズのイワナを2本もバラシしてしまい、おまけに竿も折れて憂鬱な気分で車まで戻ります。その途中に良さそうなポイントを発見したのでちょっと寄り道をします。

2本の流れが合流する場所に潜んでいた、22~23㎝の綺麗なイワナちゃん。当然のことながら、投げないと魚は釣れません。面倒がらずに、ちゃんと投げることが大事です。

 

とはいえ結局この2本のみ。イワナばかりでアマゴからの反応はなかったように思います。アタリも少ないし、食いが浅い。上に上がるにつれて、魚影は寂しくなっていった気がします。今日は、もう少し下流の方が良かったのかも知れません。

 

 

本流(上栃尾周辺)

 

検証も兼ねて、前回好調だった上栃尾に再び入渓します。メインとなるロッドが折れてしまったので、本流用の長いロッドでもう一勝負です。

前回より少し下流から入ったのですが、流れも緩くどんよりした雰囲気です。藻が繁茂し始めていて、解禁前に放流されたであろうアユの姿が目につきます。

前回に釣れたポイントまで釣りあがってきたのですが、アマゴからの反応はありません。時折、というか積極的に毛バリをつつく魚がいますが、なかなか針には掛かりません。

ようやく釣り上げた魚はカワムツ君でした。動きや食い方からしてアマゴではないだろうと推測していたのですが、やはりと言った感じです。

ということは、ここらでキラっとひらめいたり、頻繁にアタックしてくる魚もカワムツ君ということになるでしょう。確かにそろそろ外道(カワムツ、ウグイ、ハヤなど)が増える季節です。アマゴちゃんの居場所を占拠されてしまっているようです。

では、アマゴちゃんはどこに行ってしまったのだろうか?? 一か月前には確かにここにたくさんいたはずです。水量が少なくて岩の影でじっとしているのか、あるいは、全部釣られてしまったか。うーん、やはり本流は難しいです。

 

 

また竿が折れた

もしかしたら宇崎日清のロッドは折れやすいのかもしれません。3.6mにして自重70gという軽さがこの脆さを生んでしまうのでしょうか??

竿が折れたのは、これでもう3度目です。今回は筒がへしゃげたように折れています。いつ折れたのかさえ自覚がない程だったので、それほど大きな負荷が掛かったとも思えません。ましてや経年劣化で片づけるには早すぎます。そうなると、このロッドはこういうものだと思うしかないのかも知れません。

最近購入した “本流鬼テンカラ” も宇崎日清製ですので、同じように脆いのではないかと心配になります。ただ本流鬼テンカラは宇崎日清の中でもハイエンドモデルであるし、カーボンもより高密度であるから丈夫だと思いたいです。

今回はもう修理に出すつもりはありません。ズーム機能が気に入っていただけに惜しいですが、もっと丈夫な竿を探します。

 

以前から欲しかった、シマノのテンカラZL(ズーム機能付き)を買おうと思ったのですが、いざ探してみると既に流通していない様子です。

カタログ記載の商品でも、初期に生産したものが完売すると追加で製造されないといったことがあるようです。これも同じケースなのかもしれません。望み薄のロッドを探し続けても仕方がないので、現在流通している商品の中から選びました。


長さ(3.6m)とコスパ、そして修理が利くか否かで決めました。ほんとはシマノのロッドが良かったのですが、めぼしいものがなかったので安心のダイワにしました。

 

 

最後に

今日の釣果は2匹のみでした。本流で1匹も釣れなかったのが残念です。これからの本流は外道が増えて、そして鮎が解禁を迎えます。そうなると、本流での釣りはなかなか難しいものになるでしょう。そうなる前にもう一度本流でリベンジ出来ればなと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 黒石谷&三之公川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・武木(たけぎ)川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 ドライフライに挑戦

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …