『週末アングラーの釣行記』 大減水!春の風屋ダム

釣り
Angler
未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。ハードルアーって意外と釣れる?!と思いだしたのはつい最近のこと。ようやく本当の意味でバスフィッシングが楽しくなってきました。いつまでたっても未熟な私ですが、へたくそなりの目線でバスフィッシングの魅力や初歩を共有していけたらなと考えています。

 

春に風屋ダムで釣りをするのは今回が初めてです。ですので、どこがスポーニングエリアになるのかも分かりません。スポーニングベッドを直接叩くかどうかは別として、春はスポーニングを意識した釣りをするのがセオリーのはず。まずは、エリアを見つける。そして春っぽい釣りをする。それが今日の目標です。

 

大大減水の風屋ダム

以前にもまして減水していました。ボートが降ろせないかもと言われる程の減水です。

前回来た時も減水していましたが、小窓のような四角い切込みの中にルアーを投げ込める程の水位でした。そこからさらに2~3mは下がっています。

 

ブイの向こうに神納川があるはずなのですが、干上がっています。

 

あらわになった大曲の岬を回ってすぐに、航行できない深度となりました。

水の色も見ての通り濁っているし、これほどに減水しているとは思ってもいませんでした。小さなダムなので、水位の変動が大きいのかもしれません。

 

 

バスの姿が見えない

大減水+濁りでスポーニングベッドはおろか、子バスの姿さえ見えません。完全に当てが外れ、しばし迷走タイムが続きます。主だったストラクチャーもすべて干上がっているし、岬回りもあらわになっており、ピンスポットで粘るべきポイントも見つけられない。

 

これは釣れるぞ!と意気込んで購入したBT bait 99ssも不発のまま。というか今日のこのコンディションには合っていない気がする。

さっと、最上流まで見て回り、川津橋周辺とオイルフェンスに絞って釣りをすることにしました。風屋ダムはさほど大きくないので、その点で迷わなくて済むのが良いところです。

ただ問題は何を投げるかということ。せっかく風屋ダムにいるのだから、安易にワームに逃げたくない。とはいえ、スイムベイト系だと弱い気がする。

もっとアピール力の強いルアーが必要ということで、私に残された選択肢はただ一つとなりました。濁ったらクランクベイト‼ なんだか春っぽくないけれど仕方ありません。


 

川津橋周辺

朝一に、インサイドはさっと流したので、今度はアウトサイドのガレ場を狙います。ブリッツやブリッツMRをカラーローテーションしながら投げていたのですが反応がありません。お昼も近くなり、『坊主』という言葉が頭によぎり、焦りだけが募ります。

すがる思いで、今までほとんど投げたことのないタイニーブリッツにチェンジします。サイズダウンはしたいが、波動も出したい。そしてまだワームでネチネチやりたくない。そんな思いをのせて投げていると、遂に待望のアタリがありました。

ありがとう!タイニーブリッツ‼ 待望のファーストフィッシュです。

正直なところ、サイズダウンしてまでクランクを投げる必要ってある?? と思っていました。しかし、今日その必要性を痛感させられました。

フロントフックにしっかり掛かっています。このスピードでもルアーを追えるのであれば、ノーマルサイズでも問題ないのでは? むしろアピール力が大きくなって良いのでは??

そう思い、タイニーの存在意義を認めつつも、再びノーマルサイズのブリッツMRに戻します。タックルバランスとしては、こちらの方が断然しっくりくるのです。だから投げていて気持ちがいい。よく飛んで、手元に伝わるブルブル感が程よく心地よい。

 

そしてしっかりと期待に応えてくれる。 だから好きなんです(笑)ありがとうブリッツMR!



 

オイルフェンス周辺

時刻は昼を過ぎ、激しい疲労感に襲われます。シーズン初釣行で、体がまだ慣れていないせいかもしれません。小休憩も兼ねて、スローにボトムを探ります。相変わらず、バスの姿は1匹も見ておりません。

 

フェンスの側でコンというアタリ。しっかりと咥えているので、そこまで活性が低いわけではなさそうです。

でも数は出ません。バスはどこで何をしているのでしょうか。疲労感もピークになり、お風呂のことしか考えられなくなってきたので、今日はこの辺にしておきます。


 

最後に

「今日はポロポロとは釣れるが、厳しかったですね。」と常連さんが声をかけてくれたので、少しほっとしました。春の釣果は気まぐれなところがあるので、今日はそういう日だったと思うことにします。

これが、七色や池原ならきっと坊主の洗礼を受けていたことでしょう。風屋だったからなんとか釣れた、そんな感じの一日でした。結局スポーニングエリアも攻略法も何もわからず終いでした。

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『週末アングラーの釣行記』 秋の気配がする七色ダム

Angler 未だにバイブレーションの使いどころがわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーで …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 池原ダムで初の50UP

Angler 未だにバイブレーションの使いどころがわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーで …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 雷雨の合川ダム

Angler 未だにバイブレーションの使いどころがわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーで …