『テンカラビギナーの釣行記』 川上村 井光川(いかりがわ)下流域に入渓

テンカラ
Angler
シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテンカラ。最近になって、ようやく趣味はテンカラですと胸を張って言えるようになりました。まだまだ発展途上ではありますが、未熟なりにテンカラの魅力や楽しさを伝えていければなと考えています。

 

天川村でもそうだったのですが、ここ川上村でも地名の読み方には一癖あって、なかなか読むのに苦労します。

井光(いかり)、東川(うのがわ)、入之波(しおのは)、人知(ひとぢ)、上谷(こうだに)、武木(たきぎ)など、すんなりとは頭に入ってきません。

今回はそんな難読地名のひとつ、井光川(いかりがわ)に入渓しました。

 

井光川下流域


地図にある井氷鹿(いひか)の里より上流は釣り禁止エリアになっています。ですので、それより下流から入渓します。

入渓点上流側。

入渓点下流側。

雰囲気のあるまずまずの渓相です。道路から近いのですが、降りるにはそれなりに苦労しました。

 

 

釣り開始から15分程で早速アタリがありました。

文字通り、岩の陰に潜んでいた岩魚ちゃんです。開始早々、23㎝のいいサイズが釣れました。アマゴしか生息していないと思っていたのですが、イワナが釣れるとは嬉しい誤算です。イワナも釣れるとなると、俄然テンションがあがります。

 

久しぶりのアブラハヤちゃん。

やはりこうした、流れのないプールを狙うとアブラハヤが釣れます。わかってはいたのですが、魚影が見えたのでつい投げてしまいました。釣り人の性ですね(笑)

 

 

井光川のアマゴ。アベレージサイズは15~18㎝といったところでしょう。

 

最近、雨はあまり降らなかったので、おそらく減水気味だったのだろうと思います。しかし、魚の活性は良く、コンスタントに釣れます。

 

最後に

この日がたまたま良かったのか、もともと川のポテンシャルが高いのか、約3時間の釣行で7匹という好釣果でした。

川上村では3回目の釣行となるのですが、未だに釣り人に出会ったことがありません。人的プレッシャーは天川に比べ圧倒的に少ないのも好釣果の一因であるのでしょう。

イワナが釣れることも判明したので、ますます楽しみが増えました。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村 上多古川&上谷(コウダニ)川 

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・中奥川のアマゴは黒が好き??

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 天川 山上川上流

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …