『週末アングラーの釣行記』ツンデレが激しい七色ダム

釣り
Angler
未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。ハードルアーって意外と釣れる?!と思いだしたのはつい最近のこと。ようやく本当の意味でバスフィッシングが楽しくなってきました。いつまでたっても未熟な私ですが、へたくそなりの目線でバスフィッシングの魅力や初歩を共有していけたらなと考えています。
フィールド条件
9月末の七色ダム。
水質は上流部はクリア、やや下ったゴミ溜まりの下流側はささ濁りの状況。
水温はクリアな上流部で18℃台、濁りのあるエリアで21℃台。
数日前の大雨の影響で急に冷たい水が流れ込んできた可能性はある。
本湖も適水温にあるため、バスは散っていると思われる。

七色ダムの秋はカバークランキングだ!

秋は巻物。散ってしまった魚を効率良く横の釣りで釣れたら文句ないですよね。

ちょうど1カ月前の釣行では、真夏で高水温にも関わらずクランクベイトがはまったこともあり、もしかしたら七色ダムはクランクが向いているのではないかという淡い期待もあります。

もともと七色ダムは岸際のカバーがとても多いダムなので、効率良く岸際のカバーを絡めながら釣っていくのが、実は一番スマートなのではないかと考え始めています。

今までは延々と続くカバーを打ち続けて、坊主なんてこともざらにありました。カバーの数が多い&水深があるので、一つ一つ打っていくとあっという間に日が暮れてしまいます。

そんな、今までの反省を踏まえて、カバーごとぐりぐりと巻いてしまえばいいのではという結論に至りました。

巻物の代表格、クランクベイト・スピナーベイト・チャターベイトの3者のうち、一番根掛かりが少ないのはスピナーベイトだと思っていました。

しかし、最近クランクベイトを投げ続けている内に、遅ればせながらクランクベイトの方が根掛かりが少ないことに気付きました。

最悪の場合、ルアー回収機(ただの重りにスナップを付けたもの。15号位の海釣り用を使用)を使えばかなり高確率(70%~80%位)で回収出来るので1日クランクベイトを投げ続けてもロストしません。

ですので、ガンガンとレイダウンや立木、沈み岩エリアでクランクを使って巻いていきたいところです。

 

七色のツンデレは激しかった

何となく想像はしていたのですが、やはりというしかありません。

濁りの入った水色、適水温、強すぎない風、と好条件が揃っていたにも関わらずバスの活性は低く、全く釣れる気配がありません。

というか単純にバスの居所を見つけきれなかっただけなのかも知れません。

朝一はバックウォーター付近をトップでチェックしましたが反応はなし。時折、大型の見えバスはちらほらと確認できたものの、スーパー天才君ばかりで相手にしてもらえずでした。

そバックウォーターからやや下流エリアに来ると、ごみ溜まりが出来ており水質・水温の境界となっていました。

浮きゴミエリアではフロッグ、濁りのあるエリアに入ってからはクランクベイトを投げ始めるも全くの無反応。魚影らしき姿もなく、ボイルしている様子もない。

気分転換で川筋を変えてみても、似たような状況でした。

西ノ川の下流域にたくさんのボートが集まっていました。おそらくベイトがたくさんいたのだろうと思います。しかし、等間隔にボートが入っているため、割り込むのも躊躇われたので、他のエリアでやはりクランクベイトを巻き続けました。

坊主が頭をよぎり始めた昼下がりに、ようやく黒潮ワンドの橋脚で待望のヒットがありました。

おもいっきりスレ掛かりでした。やはり活性は低いのだと思われます。

それにしても、ブリッツ MAX DRに助けられました。


 

気になるあいつはウグイ!?

この魚を初めてつったのですが、これウグイで間違いないですよね?

前回も魚影だけは多数確認していて、時折ワームにもアタックしてきていたので、なんの魚だろうかと思っていたところです。

見たところ鯉ではなさそうなので勝手にハスだと決めつけていたのですが、どうやらウグイだったようです。

本命のバスではないのが残念です。しかも釣れたバスよりウグイの方が大きいことがさらに残念なのですが、新しい発見があったのでこれはこれで収穫です。

テンカラで釣れる渓流のウグイは15㎝~20㎝位ですので、こんなにも大きくなるんだと少し感動しました。

 

まとめ

今回は七色ダムのツンデレのツンにしてやられました。さすが七色ダム。

ボート屋情報では、同日にロングワームのテキサスリグで20本釣った人がいるとのことでした。やはりディープをねちねちと攻めなければいけなかったのだと思い知りました。

とはいえ、私にはディープの釣りが出来るポイントがわかりません。やはり西ノ川下流のボートが溜まっていたストレッチに正解があったのでしょうか。

うーん、難しいですね。

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 玉川渓でリベンジ

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 風屋ダムはバスパライダイス。ボート屋もちゃんと営業してました。

Angler 未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。 …

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 谷も魚も美しい神童子谷(オソゴヤ谷より上流)

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …