『週末アングラーの釣行記』 2020年春の合川ダム

釣り
Angler
未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。ハードルアーって意外と釣れる?!と思いだしたのはつい最近のこと。ようやく本当の意味でバスフィッシングが楽しくなってきました。いつまでたっても未熟な私ですが、へたくそなりの目線でバスフィッシングの魅力や初歩を共有していけたらなと考えています。

 

6月初旬。長い自粛期間がようやく終わり、ついに人間の方が解禁されました。本当はスポーニング真っ只中を直撃訪問したかったのですが、コロナのせいで期を逃してしまいました。

 

ということで二度目の釣行となる合川ダム。春のバスの居所など分かりません。とりあえず鉄板ポイントを網羅する作戦で、スポーニングがらみのバスが釣れたらいいなと思うばかりです。

 

将軍川 古屋ワンド

朝一に入ったポイント。合川名物のシャローがあるエリアですが、今日は減水の為にただの陸と化しています。

水は笹濁り。水温はすでに20℃前後。

ベンドのインサイドから流して、アウトサイド、そして入江などをチェックするも反応なし。

魚影は薄かったです。入江の中で1匹、岬周りでエサを追いかけているのが1匹、サイズはどちらも30前後ってとこですね。

スポーニングベッドがあると期待したのですが、ひとつも確認できませんでした。もうすでに終わってしまったのかな??

 

釣りっこ太郎ワンド

次に入ったのは釣りっこ太郎ワンド。

とにかく汚かった。アオコ+赤潮?で茶色くなっている感じです。

水の流れもなく、汚いので早々に退散して次なるベンドへ向かいます。

 

釣りっこ太郎ワンドのやや上流の小さな流れ込み

水が少し綺麗になったと思ったら、流れ込み岩壁の前であたりがありました。

着底と同時にバイト。

ヒットルアーはPDチョッパー&アンモナイトシャッド。



40弱のまあままサイズです。

やっぱり水が綺麗で流れのある方がいいようです。

 

将軍川 上流部

念の為、バックウォーター付近をチェックしますが魚影はなし。

やや下ったところ、風のあたるアウトサイド岩盤を発見。

さっきと条件が似ているので、気合を入れてネコリグを投入。すると、1匹目とは違って随分控えめなあたりがありました。

 

カットテールのネコリグでジャスト40㎝のナイスバスです。



やはり、風のあたる岩盤、そしてフォール系が今日はいい感じのようです。

 

前の川 大岩エリア

将軍川に比べ、前の川の水は綺麗です。そしてなにより魚影が濃い。

大岩エリアのシャローには子バスがたくさんいました。you tubeを見て勉強したラストエースのホバストで釣ろうと試みるが、小さすぎてフックしませでした。(笑)

これ楽しいです。ギルも含めてですが、子バスが果敢にアタックしてきます。ついつい無駄に時間を費やしてしまいます。



子バスエリアに見切りをつけて、ベンドの先の湖面に波が立つ当たりを攻めます。風のあたる側の沈み岩をネコリグで探っていると、ぐぐぐっというあたり。

これは、なかなかの手応えです。ぐいぐいと潜っていきます。魚影が見え始めたところで痛恨のラインブレイク(涙)ちらっと見えた魚は推定40㎝オーバー。

悔やまれますが、思い通りの場所でアタリがでたことにやや満足。

 

対岸のアウトサイドに移り、これまた風のあたるレイダウンを探っていると「コンっ」と一回だけ申し訳なさそうなアタリがありました。

今度は確実に、そしてゆっくりとファイトを楽しみながら取り込みます。

 

47㎝のグッドサイズ。

おなかが膨らんでいておしりが赤いのでおそらくはメスのバス。まだスポーニングしているバスもいるようです。

 

前の川最上流部は魚影は薄かったです。40㎝くらいのを1匹見かけたくらいで、まだ夏のパターンとまではいかないようです。

 

熊野川 バックウォーター

40up とその取り巻き(30㎝弱)が数匹いましたが、口を使ってはくれませんでした。

 

日置川 上流域ワイヤー下周辺

ワイヤーのやや下流、ベンドのアウトサイド。

流れの当たるアウトサイド岩盤で、フォール中にすっ飛んできて丸のみでした。1回食い損ねて再度の猛アタック、よほど食べたかったのでしょう。

PDチョッパー&アンモナイトシャッドがエラに刺さるほどの丸のみでした。

 

日置川上流部のサンドバー

はじめはコイだと思っていたのですが、よく見るとペアとおぼしきバス。

オス(推定40㎝)とメス(確実50オーバー)のビッグカップルです。

ネコリグを目の前に通していくと、オスが先に反応を示し近づいてきました。そして、つられるようにメスが寄ってきて横取りバイト。

思わぬ事態に焦って早く合わせすぎたか、単純に食いが浅かったのか、いずれにせよすぐにばれてしまいました。(涙)

その後、何度も投げ直したのですがそこはやはり大物。もう口を使ってくれる気配はありません。

 

ボートの帰着時間が迫て来たので、ここで無念のリタイアとなりました。

 

本日の釣果

釣果は全部で4本。ただ、1本を除いてすべてが40upというなかなか楽しい釣りでした。

この日は大潮の3日目。3本バラシてしまったのですが、それらもすべて40㎝はかたい魚でした。普段はこんなことありえないのですが、これはもやはり大潮のなせる業なのかもしれません。

 

残念ながらスポーニングベッドはほとんどなかったです。本湖の一匹だけしか確認できませんでした。もう終わっちゃたのでしょうね。

そうなると次は夏パターンですね。

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 玉川渓でリベンジ

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 風屋ダムはバスパライダイス。ボート屋もちゃんと営業してました。

Angler 未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。 …

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 谷も魚も美しい神童子谷(オソゴヤ谷より上流)

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …