『テンカラビギナー入門編』 ブーツウェーダースタイルからはじめよう

釣り
Angler
職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れてテンカラを始めました。しかし、現実は想像以上に厳しかった。魚を釣るどころか枝と格闘するばかりの日々。そんなツッコミどころ満載の私ですが、ビギナーならではの視点でテンカラの魅力をお伝えできればなと思います。

 

渓流で一番大事なのは「滑らないソール」

渓流では石や岩がごろごろとあり非常に歩きにくいです。

特に苔や藻などが生えた岩の上はとても滑りやすく、

普通のラバーソールでは氷の上を歩くようなものです。

水中での転倒は、溺れる危険性もあるし、頭などを打つと大変です。

滑らないを第一と考え、フェルトソールをおすすめします。

選択肢としては以下の3つになります。

  • ◎フェルトソール
  • 〇フェルトスパイク
  • △沢登用の特殊なラバーソール

普通のゴム底は避けた方が無難です。

 

フェルトソール

フェルト生地をソールに貼ってあるものです。

フェルトの繊維がしっかりと苔や藻に絡みついて、

滑りやすい岩の上でもグリップ力を発揮してくれます。

川の中を遡上するような釣りに、最も適したソールと言えます。

ただ、水を含むと重くなり、消耗が激しいという欠点もあります。

 

フェルトスパイク

フェルトのグリップ力と岩を引っ掻く力の両方を兼ね備えたソールです。

一見すると、いいとこどりで良さそうに見えますが、

スパイクがフェルトと苔の密着の邪魔をしてしまい、

かえって滑りやすくなるということもあるので注意が必要です。

 

沢登用の特殊なラバーソール

一般的なラバーソールよりも滑りにくい構造になっています。

水中でのグリップ力もあるのですが、やはりフェルトの方が安定感があります。

源流域のような、比較的水に入らずに釣行できるエリアなら、

軽快なフットワークが得られるラバーソールも一考です。

 

渓流のスタイル

  • ウェーダースタイル
  • タイツスタイル
  • ゲータースタイル

それぞれの特徴について見ていきたいと思います。

 

ウェーダースタイル

ご察しの通り、ウェーダーを履いて釣りをするスタイルです。

ウェーダーにはいくつか種類があります。

 

①ブーツウェーダー

長靴とオーバーオールがくっついた、いわゆる胴長靴というやつです。

一番手っ取り早く、完全防水で安上がりなスタイルです。

欠点は歩きにくいことです。

ウェーダーの長さも選べます。

 

チェストハイウェーダー

 

ウェストハイウェーダー

 

ヒップハイウェーダー

 

テンカラにおいては、ウェストハイウェーダーがおすすめです。

ヒップハイだと遡上の際に、お尻のあたりに心もとなさを感じます。

また、本流や大きな淵にどっぷりと浸かって釣りをしたいなら、

チェストハイウェーダーがいいでしょう。

ですが、あまり深くまで入ってはいけません。

万一、ウェーダーの中に水が入り込んだりしたら、浮きあがれなくなります。

 

②ストッキングウェーダー (+ ウェーディングシューズ)

ブーツウェーダーの歩きにくさの原因は重いラバーブーツにあります。

そのブーツを取り払って、防水ストッキングとセットにしたものがこちらです。

別途、ウェーディングブーツの購入が必要になるので、割高感は否めません。

ですが、機動力は格段にアップします。一度履いたら、もうブーツウェーダーには戻れません。

 

 

 

ウェーダーの素材

主に3種類ありますが、お勧めはやっぱり安価なPVCタイプです。

ウェーダーもまた消耗品ですので、コストは抑えたいところです。

PVCタイプ

いわゆるナイロン製のウェーダーです。

安くて防水性は高いが、蒸れやすいのが欠点です。

夏場の釣行だと、ウェーダーの中が汗でびっしょりになります。

 

 

タイツスタイル

鮎師の方がよく履いている、ピタッとしたウルトマンみたいなタイツです。

完全に“タイツ”のシルエットになりますので、

ルックスの点で好みが分かれるかと思います。

 

ドライタイツ(+ ウェーディングシューズ)

ネオプレン(クロロプレン)製のタイツで、完全防水&保温性が高いです

ストッキングウェーダーよりも密着するので、脱着はさらに面倒になります。

別途、ウェーディングシューズが必要となります。

 

 

ゲーター

車用の防水シート

 

 

まずは、この3つの条件を満たすブーツウェーダーをお勧めします。

安価で一通りの必要装備をそろえることが出来ます。

ブーツウェーダーさえあれば、たいていの状況に対応できますので間違いないです。

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 玉川渓でリベンジ

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 風屋ダムはバスパライダイス。ボート屋もちゃんと営業してました。

Angler 未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。 …

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 谷も魚も美しい神童子谷(オソゴヤ谷より上流)

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …