ほんとうのサングラス

釣り

「ほんとうのサングラスをかけたことがありますか?」

そんな謳い文句の偏光サングラスがあります。

 

それがこのタレックスのレンズを使ったサングラスです。

フレームはサイトマスターのキャノピー。

カラーはマホガニー。

サイトフィッシングに必須の遮光性を極力高めたフレーム。

密閉形状のものは体温などで曇るので、上部に通気口があいているのが機能的。

6カーブの大型レンズ対応のフレームなので、視野を大きく確保できる。

キャノピー(=ひさし)という名がピッタリだ。

レンズはタレックスのラスターオレンジ。

今度で3代目になる偏光グラスだが、釣りに使うものは全てこのタレックス。

何故って?

それは、ほんとうのサングラスだから(笑)

 

TALEX(タレックス)のレンズ

タレックス光学工業株式会社  https://talex.co.jp/

眼鏡レンズ発祥の地とされる、大阪・田島に本社がある眼鏡レンズ会社である。

18色あるレンズカラーは用途・状況によって特性がある。

はっきり言って、オークリーのプリズムレンズより優秀だと思う。

オークリーでは、ちらちらと水面が赤く光る「赤抜け」という現象が起こる。

しかし、タレックスのレンズではそれは起こらない。

雑光カット率も非常に高く、くっきりとしたクリアな視界が得られる。


プロショップに行けば、レンズカラー、ミラー加工などのコーディング、フレームといった具合に、自分好みのサングラスを作ることができる。

もちろん、持ち込みのフレームに合わせてレンズだけを購入することも可能だ。


今回私が選んだ「ラスターオレンジ」は以前にはなかった新色。

お気に入りポイントは、明るさと1日を通してつけていられる汎用性。

朝夕のローライトコンディションでも魚影がみたい!

そんな期待に応えてくれそうなレンズである。


これまでは、限りなく自然色に近い「trueview 」というレンズを使っていた。

サングラスをかけていることを忘れるほど、ストレスなくかけていられる。

最も汎用性の高いレンズではあるが、ローライト時には少し暗い。

まあ、そもそもサングラスだから仕方ないのだが(笑)


そんなこれまでの悩みも、きっとこのラスターオレンジが解決してくれるはず。

 

まとめ

あぁ、週末の釣行が楽しみだ。

天気予報は、曇り一時雨、降水確率50%。

釣り日和の曇天で、ラスターオレンジの真価が試される。


皆さんも、是非、ほんとうのサングラスをかけてみてはいかがですか?

 

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『週末アングラーの釣行記』 風屋ダムはバスパライダイス。ボート屋もちゃんと営業してました。

Angler 未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。 …

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 谷も魚も美しい神童子谷(オソゴヤ谷より上流)

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 入渓困難な神童子谷の上流

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …