『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・三之公川

テンカラ
Angler
シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテンカラ。最近になって、ようやく趣味はテンカラですと胸を張って言えるようになりました。まだまだ発展途上ではありますが、未熟なりにテンカラの魅力や楽しさを伝えていければなと考えています。

 

    • 川上村支流 三之公川
    • 6月下旬 晴れ
    • 水温17~19℃・気温22℃
    • 平水より少なめ

 

三之公(さんのこ)川 下流域

三之公川と北股川の合流点。円形に広く駐車しやすいスペースだが、夏季の日曜日等には“水源地の森ツアー” らしきマイクロバスが数台停まることがある。絶滅危惧Ⅲ類に指定されている トガサワラ(マツ科の針葉樹)の原始林が広がる美しい渓谷なので、糸ゴミなどもきちんと回収しておきたいところだ。

 

道路との高低差はあるものの、さほど苦も無く降りることができる。川沿いに道路があるので比較的安心できる渓相。頭上が開けているので3.6mのロッドでストレスなくキャストができる。

 

 

釣り開始から15分ほどで、三之公川での初アマゴをゲット。小さいですが、初めての川でのファーストフィッシュはやはり貴重です。これで安心して釣りあがることができそうです。

 

久々に釣れたウグイ。

しかし、こんな一等地にウグイがいるのは想定外です。もっと上流まで行かないといけないのかも知れません。アブラハヤやカワムツも混じります。

 

しばらく、まともなアタリが出なかったのですが、石の下流で水しぶきをあげてアグレッシブなバイトが出ました。

居るべきところに居た元気一杯なアマゴちゃん。しっかり咥えています。

 

 

落ち込みのピンスポットに潜んでいました。

 

 

今日一番のアマゴ(18㎝)。石の下からふわぁっと上がってきて、ためらわずにパクリとくいました。透明度が高く丸見えバイトだったので、早合わせにならないように必死にこらえました。

 

このポイントより20m程釣りあがったところで、川上村で釣りをして以来初めての釣り人と遭遇しました。少ないですが、やはり釣り人もいてるようです。安心したような、がっかりしたような感じです。高巻きする元気もないので、今日はここで納竿とします。

 

 

最後に

本日の釣果はアマゴ4本。思いのほか外道(アブラハヤ・ウグイ・カワムツ)が多かったように思います。もっと上流部で釣りをすれば、イワナも混じるのかも知れません。しかし、上流(管理棟より上)は禁漁区になっているので、それほど奥までは行けそうにありません。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 黒石谷&三之公川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・武木(たけぎ)川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 ドライフライに挑戦

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …