『週末アングラーの釣行記』 風屋ダムにて久しぶりの50UP

釣り
Angler
未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。ハードルアーって意外と釣れる?!と思いだしたのはつい最近のこと。ようやく本当の意味でバスフィッシングが楽しくなってきました。いつまでたっても未熟な私ですが、へたくそなりの目線でバスフィッシングの魅力や初歩を共有していけたらなと考えています。

 

4月下旬。いまだ大減水ですが、前回よりも水位はやや回復している様子。そして何より水の色が良い。まだ濁ってはいるが透明度が回復しており、岸際の水深1mくらいまでならボトムがうっすらと見える感じです。

水も増え、透明度も増し、気温も上昇しているとあれば魚の活性はあがっているはずです。朝から降る予定だった雨もまだ降っていないので、今回はかなり期待ができそうです。

 

ダムサイト周辺

今日もやはりダムサイト周辺からスタートします。なんだかんだでこの辺りが一番魚影が濃いので、スルーしていく理由が見当たりません。

釣りを開始してすぐに網場周辺でトップに反応がありました。

数年ぶりに投げたダブルプロップ(ビハドウ)に魚が反応してくれました。サイズも風屋にしては大きいほうです。

 

すぐ近く、同じくビハドウでもう1本追加し、気分上々の滑り出しです。すーっとあがってきて迷いなくパクッと食ってくれます。ここのバスは本当に素直です。愛おしすぎます。


 

お約束の場所にはフォローでネコリグを投入していきます。すると、ちゃんと魚が反応してくれます。

 

左周りに進み、ベンドのアウトサイド、立木にネコリグを落としてみるとコンという小さなアタリがありました。

 

立木の沖側についていた44㎝のグッドサイズ。風屋ダムでは初の40UPです。ロングワームをばっくりと丸のみしています。これまでの魚を見るに、今日の活性は良さそうです。ならばもっとスピードアップしても大丈夫だろうと思い、クランベイトに持ち替えてスピーディーにさぐります。

 

持ち替えて間もなく、アタリがありました。よし!と引き寄せてくると、ぐぐぐーっとロッドを大きくしならせて船の下に凄い力で突っ込んでいきます。これは、もしや・・・

 

まさかの50㎝‼ 久しぶりに50UPの大台に乗せることができました。40UPでも貴重とされるダムだけに、ここで出ると嬉しさ3倍増です。

ワンドと呼べない程のなんてことのない凹みです。水深はおそらく2m強。スポーニング直前の丸々と太ったメスバスが、ブリッツMRを丸のみにしていました。やはり最も信頼できるのはクランクベイト。ブリッツMR君が今日も大仕事をやってくれました。

 

あぁ、今日は良い!とても良い!! 充足感に満ち足りた気分とはこういうことを言うのでしょう。それもそのはず、まだ8時半だというのに50UPを含む5本という、ありえないほどの好釣果です。ルアーローテーションが見事にマッチして、何もかもが順調です。

 

 

 

上流はダダ濁り

好調のダムサイトは後でまた来るとして、最上流部まで見ておこうと一気に上を目指すことにしました。ところが、オイルフェンスを境に、水の色が一変しました。上にあがるにつれて茶色い濁りがきつくなっていきます。

大曲のアウトサイドベンドで、少し釣りをしてみたのですが反応はありません。前回来た時もこのような濁りで魚の反応が悪かったことを思い出します。流れ込みのある水通しの良い場所を狙ってみたのですが全くダメでした。早々に見切りをつけて、水が綺麗になりだすオイルフェンスまで戻ります。

 

ライフジャケットが誤作動

10時を過ぎたあたりから雨が本降りになりました。雨が降り続けると、さすがに気分が滅入ってきます。ルアーを結び変えるのも億劫になるので、ずっと同じルアーを同じ姿勢で投げ続けてしまいがちです。

雨に打たれながら黙々とクランクを巻いている時、突然「ポンッ!」と背後で音がしました。その後「シューー」という音と共に、黄色いものがむくむくと大きくなっていきます。

なるほど、こういう風に開くのか、と他人事のように自分のライフジャケットを見つめます。カートリッジの交換期限はちょうど2022年5月迄。まるで自分の寿命を悟ったかのように、見事に使命を果たしてくれました(笑)

ライフジャケットが開いた直後にアタリがありました。開くことがリーチアクションだったのでしょうか。

こんな雨でもクランクでちゃんと釣れるんですね。もう何もかもびしょびしょです。そりゃ、水没して誤作動も起きます。

 

 

放水口~ダムサイト

放水口付近まで戻ってきました。依然雨は降り続いています。そのままエレキでダムサイトへと戻っていきます。その間もポツポツと魚は釣れます。

 

クランクに飽きてシャッドに交換したらアタリがありました。石の上でステイさせている時にもっていかれました。

 

 

初めて使ったバズジェットJr。これは正月に買った福袋に入っていたルアーです(笑) ただ巻きでもキビキビと小気味良くウォブリングしてくれることに気づき、楽しんで投げていると釣れました。今まで全くノーマークだったのですが、これは使えそうなルアーです。次からは一軍に昇格ですね。




 

 

最後に

本日の釣果は全部で13本。雨の中で震えながらの釣行でしたが、数もサイズも釣れたので大大大満足な一日でした。一番の功労者はやはりクランクベイト。半分以上の釣果をもたらしてくれました。トップやシャッドといったハードルアーでも釣れるあたりが、さすが風屋ダムといったところです。ここでの釣りに慣れてしまうと、七色や池原のようなハイプレッシャーレイクにいけなくなりそうです。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『週末アングラーの釣行記』 秋の気配がする七色ダム

Angler 未だにバイブレーションの使いどころがわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーで …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 池原ダムで初の50UP

Angler 未だにバイブレーションの使いどころがわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーで …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 雷雨の合川ダム

Angler 未だにバイブレーションの使いどころがわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーで …