『テンカラビギナーの釣行記』 高原川 in 川上村

テンカラ
Angler
シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテンカラ。最近になって、ようやく趣味はテンカラですと胸を張って言えるようになりました。まだまだ発展途上ではありますが、未熟なりにテンカラの魅力や楽しさを伝えていければなと考えています。

 

高原川

大滝ダムに流れ込む支流の一つです。ダム湖の区間は釣り禁止区域なのですが、支流ならば釣りが可能となっています。

高原川の下流は道路から離れているので入渓は困難です。中流域くらいまで来ると、道路と川が並走し始め入渓がしやすくなります。

入渓点付近。川まで少し落差があるが、場所を選べば簡単に入渓できます。

 

入渓点の渓相(上流側)。

 

入渓点の渓相(下流側)。

川幅は2~4m程。水深は膝下ほど。大きい石がゴロゴロとしているが、行く手を阻むほどの大きな淵や大岩はない。川底の苔?藻??のようなものが少し多い気がするが、水はとても綺麗です。

釣れそうな雰囲気満点の中で、しばらく釣りあがると待望のアタリがありました。

小さいけれど、ちゃんとアマゴがいました。川底と同じような黒っぽい色をしています。とりあえず、この川にもアマゴがいることが判明したので、安心して釣りが続けられます。

 

瀬尻でさっきのよりさらに小さいアマゴを追加。

 

絵に描いたような落ち込みのポイント。落込みが2段になっていて、下段から覗き込むようにキャストすると、待ってましたとばかりにラインをひったくる様なアタリが出ました。

18㎝。マシなサイズのアマゴです。この子もやっぱり黒っぽい色をしています。

 

ここもいかにも魚がいるであろう、そして釣れてほしいポイントです。

15㎝のアマゴ。おそらくこのサイズがこの川のアベレージなのではないかと思われます。

 

 

文田谷へと続く流れ。

文田谷との分岐点は少し開けた場所になっています。この辺りで、日も落ちてきたので納竿としました。まだまだ、釣れそうな雰囲気ですが、続きはまた今度にします。

 

まとめ

今日の釣果はアマゴ4匹となりました。初めての川、昼からの釣行と考えると上出来です。アベレージは小さめですが、そこそこの数の天然アマゴがいるのだろうと思われます。もしかしたら、ここにも発眼卵を放流してくれているのかもしれません。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 黒石谷&三之公川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 川上村・武木(たけぎ)川

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …

テンカラ
『テンカラビギナーの釣行記』 ドライフライに挑戦

Angler シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れて始めたテン …