『テンカラビギナーの釣行記』8月下旬 天川

釣り
Angler
職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き合うストイックなスタイルに憧れてテンカラを始めました。しかし、現実は想像以上に厳しかった。魚を釣るどころか枝と格闘するばかりの日々。そんなツッコミどころ満載の私ですが、ビギナーならではの視点でテンカラの魅力をお伝えできればなと思います。

フィールド条件

8月末の天川。前日のゲリラ豪雨の影響か、やや涼しくなった印象があります。水の量は平水位かな?いつもと変わらない水位です。

いつもと違うのは、人の多さ。川遊び客でみたらい渓谷周辺はごった返しております。本流に近い流域での釣りは絶望的ですが、私の本命は支流にあるのでさほど問題ではありません。

今日の課題

「安定的な釣果をあげること。」それが今日の課題です。

前々回の釣行から何かが変わりました。今まで坊主が当たり前だったのが、最近ではぽつぽつと釣れます。

この良い流れを崩すことなく、確固たるものとして自分の中に取り込みたいという思いがあります。その為には、釣るしかありません。

釣れるポイント、流れの速さ、アタリの出方、などを体に覚え込ませることが出来れば、胸を張って「趣味はテンカラ釣りです。」と言えるようになるはずです。

 

入渓ポイント

ゴロゴロ水の上流

いつものようにゴロゴロ水のやや上流から入渓します。二股になる手前です。ここは川沿いに遊歩道がついているので、非常に釣りやすいエリアです。

今日は早起きして6時過ぎからのスタート。

差し込む朝の光が幻想的です。釣れなくても良いと思えるほど美しい景色を楽しめるのも渓流釣りの良いところです。

そんなことを考えながら、モーニングバイトを求めて釣り上がります。川幅は2~3m程、水深は浅い。

朝日が差し込むと水面がぎらつき、水中の様子が見えません。反射しない角度を探しつつ、毛バリを打ち込んでいきます。

 

しばらくするとアタリがありました。こぶりながら綺麗なアマゴです。

大きな石の下流、流れのよれのあたりから出てきました。

直前に別のアマゴをバラシてしまった後だけに、坊主回避も兼ねて安堵の1匹です。なにはともあれ、今日も釣れて良かった。

 

そのまま、さらに釣り上がり二股の左側の川に入ります。

 

直径1.5程のプール状になったポイント。

ど真ん中あたりで底から毛バリに食いついてきた魚影がありました。

 

尾びれの大きい、グッドサイズのイワナです。これくらい上流になるとイワナに出会うことが出来ます。イワナはアマゴ以上にテンションが上がります。

天川のイワナはおなかのオレンジが強いですね。もしかしたら幻のイワナ“キリクチ”なのか‼

なんて、そんなわけはありませんよね。私のようなビギナーに釣られるはずがありません(笑)

 

布引谷と小坪谷の分岐点手前

 

ここは、道路沿いで入渓しやすいポイントです。見ての通り川幅も広いので気持ちよくロッドを振ることが出来ます。

白泡の右側、落ち込みの下あたりを流していると、ラインがふっと止まりました。アタリだと確信して合わせてみると、20㎝オーバーの良型のアマゴちゃんです。

 

まとめ

結局、本日の釣果はアマゴ2匹&イワナ1匹の3匹です。

私としては今日の課題もクリアできたので、かなり上々の釣果です。この他にもバラシが結構あったので、魚からの反応は得られているという自信にはなりました。

今後の課題は“合わせ”ということになりそうです。

ハリがかかってもビチビチされてバレてしまうパターンが多いです。

私の知らないビチビチされずに取り込む方法があるのでしょうか? それとも、ビチビチされても外れないぐらいにしっかりと合わせるコツがあるのでしょうか?

取りこぼしをなくし、確実に釣果へつなげる為に試行錯誤は続きます。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『週末アングラー釣行記 七川ダム』メモリアルな一日

Angler 未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。 …

釣り
深谷初釣行。カワサバ発見か!? 

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …

釣り
減水=魚の活性減??

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …