週末アングラーの釣行記 アフタースポーン?

釣り

2018年6月20日。

久しぶりの七色ダム。

金欠なので2馬力のポンポン船(8,000円)を借りて、休日の釣りを楽しんできました。

エリアはT’S ON周辺~西ノ川あたりに絞って(というかこれが2馬力の限界・・)釣りをしてきました。

 

アフタースポーンの釣り

6月中旬、スポーニングもそろそろ終わり、アフターから回復したバス達が簡単に釣れる!?のではと期待しておりましたが、

そこは、やはり七色ダム、一筋縄ではいきません。

イメージではバスの活性も高く、表層系のルアーやスピナベなどにも積極的に反応してくれるはずでしたが、

予想以上にスポーニングが長引いている感じで、活性もいまいちでした。←あくまで個人的な感想です。

 

釣果はというと、40cmを含む4匹のみ。

辛うじてスポーニングベッドに張り付いているバスを見つけてネチネチと釣った感じです。

うまい人ならアフターの魚だけをターゲットに釣りをすることができるのでしょうが、

私のような凡人はそんなこと言ってられません。

 

見つけたら釣る。

背に腹はかえられぬ。

必殺のドライブクロ―4inc(赤)のテキサスに持ち替えて、坊主回避の為に必死で釣ります。

こんなことを続けているから、いつまでたっても上達しません。

それはわかっているのですが、どうしてもやめれない(笑)

 

スポーニングに関係ない魚で釣れたのはたった1匹。

シャローから一段深くなったところ、たぶん3~4mくらいにある沈下物の所でヒットしました。

速い釣りは無理だとようやく気付き、ダウンショットでなんとか釣りました。

こういうところがコンタクトポイントってやつなのかな??

と、なんとなく独り言ちて、普通に釣れてくれたお魚さんに心から感謝です。

 

 

ワームがもったいない⁉

ボート屋に戻ると、いつもの「どうでした?」攻撃。

この質問に自信満々で答えられた試しはなく、いつものように

私「なかなか厳しかったですわ」

店員「そうですか。数は出てたみたいですよ。ワームがもったいないって言うてる人がいてました。」

とのこと。

 

え?

ええ?

どういうこと??

こっちは普通に釣れないから、ネチネチとネスト叩いていたのに・・・。

やっぱり、今日も私の釣り方や狙う場所は的を得ていなかったようです。

いつになったら、思い通りの釣りができるのでしょうか。

やはりガイドを頼んでプロの教えを乞うべきか。

 

とはいえ、坊主ではなかったし、天気も良かったので十分に楽しめました。

次はいつ行こうかな。

下手の横好きというもので、なかなか上手くいかないから楽しいんでしょうね。

 

では今日はこの辺で。

シゲジイでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 玉川渓でリベンジ

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …

釣り
『週末アングラーの釣行記』 風屋ダムはバスパライダイス。ボート屋もちゃんと営業してました。

Angler 未だにバイブレーションの使い方がわからない、そんな釣り歴だけは長い週末アングラーです。 …

釣り
『テンカラビギナーの釣行記』 谷も魚も美しい神童子谷(オソゴヤ谷より上流)

Angler 職業漁師になりたい!とまでは思いませんが、シンプルな道具と己の技術だけを頼りに魚と向き …